自国のW杯初出場のために「控え選手」が決死の時間稼ぎ! 思わぬハッスルプレーにネット騒然!!

59pt   2017-10-13 16:11
面白ニュースまとめアンテナ「海外ニュースアンテナ」

ロシアW杯の予選もいよいよ終盤。先日、世界中で行われた試合で、32カ国中23カ国の出場国が決定した。オランダやアメリカといった常連国が本大会出場を逃す結果になったが、一方で初めて夢の舞台に立つことになった国もある。10月10日のコスタリカ戦に勝利し、北中米カリブ海予選を3位で通過したパナマがそうだが、現在W杯への執念とも言えるワンシーンがネットを騒がせている。海外サイト『Mirror』によると、激闘の裏側で控えの選手が決死の時間稼ぎをしていたというのである。・初出場をかけた大一番での出来事今でこそ、日本のW杯出場は当たり前のように思われているが、以前はいくら手を伸ばしても届かない存在だった。1993年の「ドーハの悲劇」然り。最後の最後までW杯予選は何が起きるか分からず、日本代表はギリギリの戦いを強いられた。そして昔の日本同様、今回のパナマもW杯への切符が手にできるか、1点差の崖っぷちで戦っていた。選手はもちろん、国民も祈るようにして応援していたに違いない。ただ、自国のW杯初出場を目前にすると、控えの選手はいてもたってもいられなかったようだ。……というのも!・決死の時間稼ぎリードしたまま
   アンテナで暇つぶしトップページへ
動画や画像で暇つぶしができるサイトアンテナの話題が沢山。