地上でもっとも乾燥したアタカマ砂漠では、雨は恵みではなく死をもたらす(チリ)

47pt   2018-12-05 20:30
カラパイア

66f74689.jpg

 干ばつ地域での雨は恵みとなる。渇きに苦しんでいた生命は水分によって蘇っていく。だが、地球上で最も乾燥し、なおかつ最古の砂漠では事情が異なる。

 恵みどころがそれが災いとなるようだ。

 チリに広がるアタカマ砂漠では、滅多にない雨が降ると災厄がもたらされる。そもそも渇きに苦しんでいる生命は既にそこには存在していない。

 雨が超乾燥状態に適応するよう進化してきた生命を殺してしまうのだ。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=2628902&name
   アンテナで暇つぶしトップページへ
動画や画像で暇つぶしができるサイトアンテナの話題が沢山。