スマホ依存症を表す言葉「ノモフォビア」がついにケンブリッジ英語辞典にも登場

20pt   2019-01-12 18:30
カラパイア

95d9d5cb.jpg

 一昔前にはなかった言葉が、時代の変化に合わせて登場してくる。その言葉が定着すると辞書や辞典に新語として掲載される場合がある。

 2018年のケンブリッジ英語辞典には「ノモフォビア(Nomophobia)」という新語が加わった。

 これは、現代人にとってはおなじみの症状を表わす言葉だ。

 辞典では「スマホがない、または使えなくなることに対する恐怖や不安」と定義されている。いわゆるスマホ依存症(スマホ中毒)ってやつだ。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=2628902&name
   アンテナで暇つぶしトップページへ
動画や画像で暇つぶしができるサイトアンテナの話題が沢山。