「他人が自分をどう思うかなんて気にしなくてもいい」と思える社会の5つの事実

8pt   2019-08-14 16:30
カラパイア

76df7c62.jpg
Free-Photos/pixabay
 子供の頃を振り返ると、ほとんどの人は無邪気で純粋だった自分を懐かしく思うことだろう。幼い頃は、自分の気持ちのままに生きても、誰も文句も言わなかったし、何の障害もなかった。

 しかし、大人になると自分の気持ちをまっすぐに出すこと、つまり自分らしく生きることに自然と足止めをするようになってしまう。

 おそらくほとんどの人が、他人が自分をどのように思うのかと考えた時に、社会に合わせた別の自分を作り、本当の自分を束縛しながら「自分のような他人」を作り上げ、真の自分とは無関係に生きているのではないだろうか。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=2628902&name
   アンテナで暇つぶしトップページへ
動画や画像で暇つぶしができるサイトアンテナの話題が沢山。