10年以上もの間、飼育放棄され続けたポニー。そのひづめは大変なことになっていた。

12pt   2017-04-18 11:30
カラパイア

f0479db6.jpg

 蹄(ひづめ)は馬や牛などの爪の一種である。家畜の場合、数週間おきに蹄を削って形を整え削蹄(さくてい)する。そうしないと歩くことも不自由になり、爪の病気になることもあるからだ。

 ところが、ベルギーで発見されたシェットランドポニーのポリーは飼い主に飼育放棄されていたらしく、10年もの間、蹄をカットされていなかった。その結果、蹄が奇妙な形に伸びてしまっていたのだ。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=2628902&name
   アンテナで暇つぶしトップページへ
動画や画像で暇つぶしができるサイトアンテナの話題が沢山。