食べられる器。風船と飴で美しい器が作れるぞ!ガラス細工のようなキャンディボウルの作り方【ネトメシ】

25pt   2017-04-18 14:30
カラパイア

58fce278.jpg

 もったいないおばけの存在は明らかでないものの、なるべく残さずに食べたい。できれば器ごと食べたい。地球にやさしく胃袋にも優しくありたい。

 そんな希望があったりなかったりするわけで、器にもなり食べられる、しかも美しいと3拍子そろったレシピがそこにあるのなら、試さないわけにはいかないだろう。そうだろう?

 うれしいことに用意するものは砂糖・水あめ・水・風船だけだ。さらにこのレシピは汎用性があり、目を奪うような鉱石スイーツへと発展することは誰も知る由もなかったとかいうオチありだ。


  c?ro=1&act=rss&output=no&id=2628902&name
   アンテナで暇つぶしトップページへ
動画や画像で暇つぶしができるサイトアンテナの話題が沢山。