いったいなぜ?16世紀初頭の「ピーリー・レイース地図」に描かれた発見前の南極大陸らしきもの

11pt   2017-04-19 22:30
カラパイア

434feb0b.jpg

 1513年に作成されたと思われる航海地図は、当時の技術水準からは考えられないほど詳細に世界が描かれていたという。
 
 作成者はオスマン帝国海軍の提督ピーリー・レイースであり、1929年に発見された。地図は彼にちなんで「ピーリー・レイース地図」と呼ばれている。

 この詳細な地図には、まだ発見前の南極大陸のようなものが描かれていたという。これをめぐって専門家の間では様々な説が出ている。未知なる海洋国家であるとする主張する者や、異星人が関与していた証拠であると主張する者もいるのだ。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=2628902&name
   アンテナで暇つぶしトップページへ
動画や画像で暇つぶしができるサイトアンテナの話題が沢山。