ツイッターやニュースサイトを利用した情報操作は実際に存在する(米研究)

11pt   2017-04-20 09:00
カラパイア

05cb42ba.jpg

 ネット上では情報操作問題となっている。そこで、米ワシントン大学のケイト・スターバード率いる研究チームは、意図的に虚偽の情報が流されているのかどうかを調査した。

 結論から言おう。答えはイエスだ。
 
 その内容はまったくのフェイクから、煽情的なもの、一政党や国全体が絡んだ見えすいたプロパガンダまで多岐にわたるという。
 
 もちろん有名なメディアは、公明正大に情報を提示していることだろう。やっかいなのが、オルタメディア(alt media)と呼ばれる、組織や個人が発信するニュースメディアなのだという。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=2628902&name
   アンテナで暇つぶしトップページへ
動画や画像で暇つぶしができるサイトアンテナの話題が沢山。