これでまた飛べるはず。深刻な感電で翼を失った鳥の手術

13pt   2017-04-21 21:30
カラパイア

2cc37e21.jpg

 マランダーでも賢く愛嬌抜群の鳥として知られているオウムだが、絶滅が危惧されている種である。そのため、様々な団体がオウムを絶滅から守るべく活動している。

 オーストラリア、パースにあるパース動物園に電線で感電し、羽が焼け焦げた1羽のオウムが運び込まれた。

 羽の損傷は深刻で下半分の羽は焦げてなくなってしまっていた。鳥たちにとって羽がないということは命取りである。そこで、医師たちが失われた羽を移植するべく知恵と技術を振り絞って手術をすることとなった。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=2628902&name
   アンテナで暇つぶしトップページへ
動画や画像で暇つぶしができるサイトアンテナの話題が沢山。